世の中を占う


by 0mp1jeqvuk

米大使が防衛相経験者と会談=普天間で政府・与党けん制か(時事通信)

 ルース駐日米大使は8日、自民党の中谷元氏ら防衛相・防衛庁長官経験者5人を米大使館に招き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について意見交換した。ルース氏は「長年積み上げたものを損なうことがないようにしてもらいたい」と述べ、現行計画通りに履行すべきだとの考えを示した。
 これに対し、中谷氏は「現行案は米国や沖縄県とも調整して決めたもので、なかなかほかには手段がない」と指摘。浜田靖一氏は「飛行場周辺の危険除去や県の負担軽減のために議論してきたことだと、米国からもっと言った方がいい」と述べた。
 会談には小池百合子、高村正彦、大野功統の各氏も出席。ルース氏には、新たな移設先を検討している日本政府と与党をけん制する狙いがあるとみられる。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

悩む大工のぶろぐ
最近の農家事情
ライブチャット
自己破産
アフィリエイト ホームページ
[PR]
by 0mp1jeqvuk | 2010-01-12 21:58